海外旅行保険

HOME» 海外旅行保険 »東京海上日動 キャッシュレス・メディカル・サービス

海外旅行保険

東京海上日動 キャッシュレス・メディカル・サービス

■ご旅行中のケガや病気の治療費を東京海上日動から病院へ直接お支払するサービスです。「東京海上日動提携病院」は世界主要都市にあり、日本語を話す医師のいる病院も多数ございます。ただし原則として各病院の診療時間内のみの受け付けとなります。

                                                           

【キャッシュレス・メディカル・サービスご利用方法】

                               

① 東京海上日動提携病院に電話をして予約してください。うまく予約ができない場合は東京海上日動海外総合サポートデスクへご連絡ください。

 

② 保険証券、保険契約証または被保険者証のいずれかを病院にご提示いただき、東京海上日動へ受診料を請求するようお伝えください。

日本語の通じない提携病院でキャッシュレス・メディカル・サービスをお申し込みになる場合には、必要に応じ<海外旅行保険あんしんガイドブック>に記載されている、病院窓口での参考文例(英語)を病院担当者にお示しください。

 

③ 所定の書面に必要事項(氏名・証券番号等)の記入を求められますので、病院の指示に従ってください。

 

④ あとは治療を受けていただくだけです。治療費の請求はありません。

 

【キャッシュレス・メディカル・サービスご利用にあたっての注意事項】

a:サービスをおことわりする場合

ご契約の海外旅行保険のお支払対象とならない病気またはケガの場合によりサービスの提供はできません。サービスの提供ができない主な内容は次のとおりです。

① いわゆる「持病」等、ご旅行出発前に発生している疾病

② 妊娠、出産、早産または流産およびこれらに起因する疾病

③ 「虫歯」「歯槽膿漏」等の歯科疾病

④ 自殺行為、闘争行為または犯罪行為によるケガ

⑤ 酒気帯び運転または無資格運転中に生じた事故によるケガ

b:お客様の自己負担について

●治療費がご契約の保険金額または限度額を超過する場合は、その超過分はお客様の自己負担となります。    

●また、サービスのご利用をいただいた後にご契約の海外旅行保険で保険金をお支払できないことが判明した場合には、一切の費用はお客様の自己負担となりますので予めご了承ください。

●病院での指示により検査料の負担を求めらた場合や薬局で薬を購入した場合等には、それらの費用についてはキャッシュレス・メディカル・サービスの適用ではありませんので、お立替のうえ、後日東京海上日動あてにご請求ください。

c:治療後にキャッシュレスのお申し出をされた場合、または治療費が少額の場合、病院の都合によりサービスを受けられない場合がございます。この場合には、ご帰国後保険金のご請求をお願いします。

d:提携病院以外の医療機関により、後日お客様宛てに治療費の請求がなされる場合がございます。

e:提携病院が他の病院を紹介した場合、紹介先の病院ではキャッシュレス・メディカル・サービスを受けられないことがありますので予めご了承ください。

f:保険期間の中途で保険金額の増減や、保険(旅行)期間延長等の契約内容を変更された場合には、キャッシュレス・メディカル・サービスを受けることができない場合があります。このような場合には、東京海上日動海外総合サポートデスクへご連絡ください。

g:医療機関機関自身の医療過誤につきましては、東京海上日動は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。